あいちクローバーとは?

あいちクローバーは、AED(自動体外式除細動器)について広く知ってもらうことを目的としたNPO団体です。

AEDはかつて医師の使用しか認められていませんでしたが、2004年から一般市民の使用が可能となり、現在はショッピングセンターや公共施設、駅などでの導入が進んでいます。しかしその一方で、安全な使い方や救命方法などの認知度はまだまだ低い状況です。

一般の方に広くAEDのことを知ってもらいたい、命について真面目に取り組んでいきたいーーそんな思いのもと、あいちクローバーはAED講習会やイベントへの参加を通じてAEDについての正しい知識や命の大切さを広める活動を行っています。

あいちクローバーの願い

あいちクローバーが普及活動に取り組んでいるAED(自動体外式除細動器)は、2004年に一般市民の使用が認められた医療器具です。2005年に愛知県で開催された「愛・地球博」では、会場内に多くのAEDが設置され、一般の人たちの勇気とAEDが人命を救ったこともありました。
愛知県民として万博に参加したわたしたちはそのことを知り、「一般の方による救命活動についてもっと広く多くのひとに伝えたい」という思いを強く持つようになりました。
そして、同じ思いを抱いた仲間が集まり、あいちクローバーとしての活動をスタートさせました。

あいちクローバーは、愛・地球博の理念を尊重するとともにその経験を生かそうと、「できることからスタートする!」をモットーに、より良い地域社会づくりに貢献するための活動を行っています。

「市民参加型社会の実現」
ひとりでも多く、救命のリレーに参加してもらいたい。
あいちクローバーは、AEDの普及活動を通じて命の大切を感じ、伝え、仲間と共に幸せを感じ、社会全体を元気にしていきたいと考えています。

「あいちクローバー」という名には、こんな願いが込められています。

あい:愛  ち:地域社会  クローバー:幸せ